FC2ブログ

UWELL CALIBURN リビルド スライドショー

UWELL CALIBURN POD rebuild slide show, 
                  information second edition

某海外サイトに細かい説明一切なしのスライドショーを投稿したら思ったより反響があった。
ORIONとかZEROのスライドショーの時はそうでもなかったのにな。
やっぱ新製品ってことで注目されてるのか。
なのでORIONリビルドスライドショーより先にCALIBURNをやることにした。
海外サイト向けの投稿で細かい質問があれば全部こっちに誘導することにして、英語の説明もつけておく。

When I posted a slide show without any detailed explanation on the overseas site, there was more response than I thought.
It was not the case at the time of slide show of ORION or ZERO.
After all, is it getting attention by new products.
So I decided to do CALIBURN before the ORION rebuild slide show.
If you have a question for posting on an overseas site, I will guide you all here, and add an English explanation.

CALIBURNのリビルド教室、はじまるよー。
cali01.jpg 
CALIBURN's rebuilding class will "hajimaruyo~"


では始めましょう。
CALIBURNのPODです。
cali02.jpg 
Let's get started.
At first it is POD of CALIBURN.


ドリップチップを外します。
cali03.jpg 
Remove the drip tip.


タンク部とデッキ部の嵌め込み方式の確認。
デッキ部に突起が出ていて、タンク部の穴がその突起に嵌まる形ですね。
cali04.jpg 
Confirmation of the fitting method of the tank part and the deck part.
There is a projection on the deck, and the hole in the tank fits into the projection.


デッキ底部の確認。
マグネット接合部とリベットピン型接点のある、一般的なPOD構造です。
cali05.jpg 
Check the bottom of the deck.
It is a general POD structure with a magnet joint and rivet pin contacts.


先端の尖ったスパチュラ等でリベットピン型接点を外します。
cali06.jpg 
Remove the rivet pin type contact with a pointed spatula etc.


このリベットピンはかなり小さいので、なくさないように注意しましょう。
cali07.jpg 
This rivet pin is quite small, so be careful not to lose it.


リベットピンを外すとコイルレッグが見えます。
赤い部分はコイルレッグとリベットピンを包むシリコンチューブです。
このシリコンを外す必要はありませんが、固定されていないので脱落させないように注意。
cali08.jpg 
The coil leg can be seen by removing the rivet pin.
The red part is the silicon tube that wraps the coil leg and the rivet pin.
There is no need to remove this silicone, but be careful not to remove it as it is not fixed.


タンク部とデッキ部を外していきます。
まずはデッキ側の4箇所の突起を少しだけ潰していきます。
潰しすぎるとタンク部との接合が甘くなってリキッドが漏れやすくなるので注意。
cali09.jpg 
Remove the tank and deck sections.
First of all, we will slightly crushed the four projections on the deck side.
If it is crushed too much, the junction with the tank part will be sweet and the liquid will leak easily.


底部側からデッキ部とタンク部の隙間に精密ドライバーなどを挿し込んで、上に持ち上げるようにしながら開き気味に慎重に力をかけます。
デッキ底部にはシリコンパッキンが嵌められているので、これを傷つけないように作業します。
cali10.jpg 
Insert a precision screwdriver or the like from the bottom into the gap between the deck and the tank, and carefully lift it while applying a force.
Since the silicon packing is fitted to the bottom of the deck, work so as not to damage this.


デッキ部の4箇所の突起付近を基準に少しずつ持ち上げます。
cali11.jpg 
Lift up little by little with reference to the four projections in the deck section.


タンク部とデッキ部が分離しました。
cali12.jpg 
The tank part and the deck part were separated.


チムニー部分を外します。
cali13.jpg 
Remove the chimney part.


これがデッキ部です。
コイルデッキは一般的なバーチカルコイル用に見えますが、実は二重構造になっています。
cali14.jpg 
This is the deck section.
The coil deck looks like a typical vertical coil, but it is actually a double structure.


デッキ底部からコイル部を引き抜きます。
cali15.jpg 
Pull out the coil deck from the deck bottom section.


デッキ底部のコイルレッグを通す穴は割と大きめで、作業はしやすそうです。
cali16.jpg 
The hole through which the coil leg at the bottom of the deck passes is relatively large and it seems easy to work with.


コイル部のインシュレーターは軽く嵌めてあるだけです。
cali17.jpg 
The insulator of the coil part is only lightly fitted.


外します。
cali18.jpg 
Remove it.


コイル部は二重になっていて、「外周部、コットン、内周部、コットンの巻かれたバーチカルコイル」
という構造になっています。
コイルヘッドなどで見掛ける構造ですね。
cali19.jpg 
The coil part has a double structure, "outer circumference, cotton, inner circumference, vertical coil wound with cotton".
It looks like a pre-made coil head.


コイルを抜きます。
下から押し出して、上から抜きました。
cali20.jpg 
Remove the coil.
I pushed it out from below and pulled it out from above.


CALIBURNのコットンは小さなシートコットンを重ね合わせています。
あまり見ない方式ですね。
cali21.jpg 
CALIBURN cotton is a small sheet cotton overlay.
I don't see it very much.


コイルを抜いた後には外周部と内周部、そしてその間に挟まれたシートコットンが見えます。
cali22.jpg 
After removing the coil, you can see the outer and inner circumferences and the sheet cotton sandwiched between them.


このコットンを外すと新しいものを嵌めるのがかなり面倒なので今回はそのまま使います。cali23.jpg 
When I remove this cotton, it's quite troublesome to fit a new one, so I use it as it is this time.


外したコイルとコットン。
cali24.jpg 
Removed coil and cotton.


コイルの径はΦ2.0。
追記:某海外サイトで指摘されて気付いたのですが、純正コイルはコットンに当たる部分だけが細い2本のワイヤーになってます。
この写真でも拡大してよく見るとわかりますね。
NR-R-NR タイプという、
無抵抗部分(Non Resistance) - 抵抗部分(Resistance) - 無抵抗部分(Non Resistance)
このような構造を持つワイヤーだそうですが、CALIBURNはこの抵抗部分がパラレルワイヤーになっています。
これがCALIBURNの味わいの良さの秘密のひとつなんでしょうね。
cali25.jpg 
The diameter of the coil is 2.0 mm.
Postscript: I noticed that it was pointed out at the overseas site, but only the part that hits the cotton becomes a thin 2 wire of genuine coil.
You can see in this picture, too, if you look closely.
NR-R-NR type,
Non-Resistance Part (Non Resistance)-Resistance Part (Resistance)-Non-Resistance Part (Non Resistance)
It seems that it is a wire with such a structure, but in CALIBURN, this resistance part is a parallel wire.
This is one of the secrets of the good taste of CALIBURN.


コイルデッキの内径は4.5mm。
cali26.jpg 
The inner diameter of the coil deck is 4.5 mm.


Ni80を使ってφ2mmでコイルを巻きます。
cali27.jpg 
Coil the coil with φ 2 mm using Ni80.


バーチカルコイルにして焼き入れ。
cali28.jpg 
I dry burned it as a vertical coil.


安心安定日本製シートコットン。
cali29.jpg 
Safe and stable sheet cotton made in Japan.


シートコットンはコイル幅プラスアルファの幅で、長さは20センチにしました。
あとはリビルドを繰り返して最適な長さを探すことになります。
cali30.jpg 
The sheet cotton has a coil width plus alpha and a length of 20 cm.
After that, it will be necessary to repeat rebuilding to find the optimal length.


ZEROのリビルドの時と同じ様に、巻き始めを二重にしてしっかり絶縁。
cali31.jpg 
As with the ZERO rebuild, double the winding start and firmly insulate.


RENOVA ZERO リビルド スライドショーのNo.29~No.34あたりも参考にすると、よりわかりやすいでしょう。
cali32.jpg 
If you refer to No. 29 to No. 34 of RENOVA ZERO rebuild Slideshow, it will be easier to understand.


セラミックスティックを通してコイルを潰さない様にしながらシートコットンを巻きます。
cali33.jpg 
Roll sheet cotton while keeping the coil from collapsing through the ceramic stick.


はい。
cali34.jpg 
Yes.


ジュースホールは結構大きく、このままだと確実にリキッドの過剰供給になるでしょう。
cali35.jpg 
The juice hole is quite large, and it will certainly be an oversupply of liquid.


2つのジュースホールのうちひとつをテープで塞ぎます。
使用したのはZEROの時と同じPCラベルプリンターのテープです。
RENOVA ZERO リビルド スライドショーのNo.39~No.41あたりも参考にすると、よりわかりやすいでしょう。
cali36.jpg 
Tape one of the two juice holes.
The tape used was the same PC label printer as ZERO.
It will be easier to understand if you refer to No. 39 to No. 41 of RENOVA ZERO rebuild Slideshow.


コイルをセットします。
写真ではコイルデッキの下から挿入していますが、上からでも構いません。
cali37.jpg 
Set the coil.
In the photo, it is inserted from below the coil deck, but it may be inserted from above.

コイルレッグがジュースホールの位置になるように調整します。
cali38.jpg 
Adjust the coil leg to the juice hole position.


コイルがある程度入ったら精密ドライバーを使って更に奥に押し込んでいきます。
力の入れすぎでコイルを潰してしまわないように注意。
cali39.jpg 
Once the coil has entered to some extent, use a precision screwdriver to push it further back.
Be careful not to crush the coil by putting too much power.


下側はインシュレーターがセットできる程度まで押し込みます。
cali40.jpg 
Push the lower side to the extent that the insulator can be set.


上側はジュースホールが隠れる位の位置。
cali41.jpg 
The upper side is the position where the juice hole is hidden.


セット後の上部。
cali42.jpg 
Top after setting.


セット後の下部。
cali43.jpg 
Bottom after setting.


インシュレーターをセットします。
cali44.jpg 
Set the insulator.


はい。
cali45.jpg 
Yes.


デッキ下部にコイルデッキをセット。
コイルレッグを通す穴が割と大きいので楽。
シリコンチューブの脱落に気をつけます。
cali46.jpg 
Combine the lower deck and the coil deck.
As the hole which passes a coil leg is relatively large, it is easy.
Be careful of the silicone tube falling off.


はい。
cali47.jpg 
Yes.


コイルレッグを折り曲げます。
cali48.jpg 
Bend the coil leg.


リベットピンを嵌めていきます。
かなり小さいので失くさないように注意。
cali49.jpg 
I will put the rivet pin.
Be careful not to lose it because it is quite small.


はい。
cali50.jpg 
Yes.


リベットピン底部のきわギリギリでコイルレッグをカット。
cali51.jpg 
Cut the coil leg as close as possible to the bottom of the rivet pin.


チムニーパーツを嵌めます。
cali52.jpg 
Fit chimney parts.


タンク部は今後のリビルドのことも考えて、外しやすいように切り欠きを入れました。
切り欠きを入れることで4つの穴がそれぞれ独立して動きやすくなります。
切り欠きすぎるとデッキ下部にあるリキッド漏れ防止のシリコンゴムに干渉するので注意。
cali53.jpg 
I thought about the future rebuilding, and put the notch in the tank part so that it was easy to remove.
By making a notch, each of the four holes can move independently.
If you cut too much, it will interfere with the liquid leak-proof silicone rubber at the bottom of the deck.


タンク部にデッキをセットします。
cali54.jpg 
Set the deck in the tank section.


はい。
cali55.jpg 
Yes.


リキッド投入。
cali56.jpg 
Liquid injection.


cali57.jpg 



cali58.jpg 



リビルド後の抵抗値は1.21Ω。
中々いい数値。
cali59.jpg 
Resistance value after rebuilding is 1.21Ω.
Good value inside.


さぁ吸うか!
cali60.jpg 
Let's vaping!



この後何度か調整を繰り返し、
SS316L φ2.5
シートコットン 13cm
抵抗値 1.2Ω
ジュースホール ひとつ塞ぎ
でCALIBURNのリビルド確定としました。

After this, repeat adjustment several times,
SS316L φ2.5
Sheet cotton 13 cm
Resistance value 1.2Ω
One juice hole
We decided that CALIBURN rebuild was finalized.


追記:
何度もリビルドしてみて気付いたのですが、CALIBURNには下限抵抗値の閾値がない、もしくはかなり低いようです。
コイルが潰れて0.3Ω台になった際にもそのまま通電しました。
コイルの赤熱が外からでもわかるような状態でも通電し続けたのはかなり危険を感じます。
リビルドの際にはくれぐれも気をつけて、CALIBURN本体にリビルドPODを装着する前に必ず抵抗値の確認をしてください。
また、異常を感じた場合には、すぐに使用を取りやめて抵抗値を確認することをお薦めします。


Postscript:
I noticed that after rebuilding many times, CALIBURN does not have a threshold of lower limit resistance value or seems to be quite low.
Even when the coil was crushed and became 0.3 ohms, it was energized as it was.
It is quite dangerous to keep the power on even if the coil's red heat can be seen from outside.
Make sure to check the resistance before mounting the rebuild POD on the CALIBURN main unit, be careful when rebuilding.
Also, if you feel any abnormality, we recommend that you stop using it immediately and check the resistance value.



次こそORIONリビルドか?
まぁ気が向いたらテキトーに。



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ Category
最新コメント Latest comment
検索フォーム